【転職】市場価値・推定年収の診断査定スマホアプリMIIDASが良い感じ♪

【転職】市場価値・推定年収の診断査定スマホアプリMIIDASが良い感じ♪

シェアする

fullnote
そろそろ転職も考えないとな~

こんにちは!ふるのーと(@fullnote)です!(*^^*)

そろそろ良い歳だし、MIIDAS(ミーダス)を使ってサクッと年収とか診断してみようと思います。

転職するしないに関わらず、参考としてこういう情報は取得しておくべきだって知り合いにオススメされました。

診断はこちらから

スポンサーリンク
fullnote1

MIIDAS(ミーダス)とは?

MIIDASは、インテリジェンス社(転職サイトDODA(デューダ)運営)が提供している転職診断アプリ・サイトです。

なんでも、インテリジェンスさんが、これまで培ってきた転職実績やノウハウが詰まっているんだとか。(´・ω・`)

市場価値・推定年収を算出してくれる

ぱんだ先輩
お前さんの市場価値を診断してやろう

このアプリの特長は何と言っても、インテリジェンス社のもつ200万人の転職求人の実績データから、傾向を分析する事によって、自分の転職市場価値がわかるということだと思います。

どれくらい信憑性があるかは分かりませんが、すべて信じる必要はなくて、参考データとして見る分には面白いのではないでしょうか。

自分に近い経歴の人がどういう転職をしているか、給料はどれくらい?とかも分かるので、きっと参考になると思います。

面接が確約されている

MIIDASで来た求人は、必ず面接までたどりつけるそうです。

折角登録したのに面接まで辿りつけなかったら悲しいですからね(^_^;)

取り敢えずサクッと年収診断してみた

取り敢えずMIIDASのサイトにいって「自分の市場価値を見る」のボタンを押して進めていきます。

※私はパソコンでやったので以下パソコンの画像になります。

ちなみに、年収診断だけであれば、会員登録不要です。

なので気楽に試してみると面白いと思いますよ。(*^^*)

プロフィール

まずはあなたの基本的なプロフィールを入力

まずは「性別」、「生年月日」、「お住まいの都道府県」を入力します。

クリックすると入力できるようになります。

ぱんだ先輩
男女差別だー!

とか言わないで進めていきましょう。

あくまで客観的なデータと照らし合わせるためのものですので。

最終学歴の入力

次に最終学歴を入力していきます。

まずは、大学卒、高校卒、専門学校卒などを選択します。

次に具体的な学校名等を入力します。

学校名を一部入力すると、候補が出てくるので選択しましょう。

学部名は、きっちり合致するものがないかもしれませんが、その場合は近いと思われるものを選択しましょう。

この段階で気づいたのですが、画面上部をみると、着々と診断が進んでいます。

想定オファー年収などの数字が変わっていっています。

私の場合はこの段階ではまだ面接確約のオファーは出てこなかったみたいですね。

これまで何社で仕事をしたか(転職歴?)を入力

たぶん転職歴を確認しているんだと思うんですが、これまで何社で仕事をしてきたか聞かれます。

多少転職歴があったほうがいいんですかね?

それにしても10社って選択肢はすごいですね(^_^;)

診断はこちらから

職務経歴

現在の在職状況についての確認

さてさて、画面が青色から緑色っぽく変わって、上部のバーも「職務経歴」に変わりましたね。

ここでは「現在の在職状況」の確認ですかね。

在職か、離職(無職)か選択して入社年月、退職年月(退職した場合のみ)を入力しましょう。

具体的な勤務先を入力

次に具体的な現在の勤務先を入力します。(退職している場合は退職前の職場情報)

企業名を一部入力すると、候補が出てくるので選択しましょう。

業種はきっちり合致するものがないかもしれませんが、その場合は近いと思われるものを選択しましょう。

勤務形態を入力

次に正社員、契約社員、派遣社員、アルバイトを選択肢して

現在の年収を入力します。

実務経験

マネジメント経験を入力

次に色が濃い青に変わって上のバーも「実務経験」に変わりました。

あとちょっとですね。

まずはマネジメント経験を書きます。

若い人も若くない人も経験ない人は、「経験なし」と回答するようにしましょう。

どこの回答欄でもそうですが、見栄を張って入力しても誰も得をしません

勤務先での職種を選択

続いて勤務先での職種を選択します。

(私あんまりマッチするのがないんですよねえ。。)

職種にあった質問に回答

これ以降は自分が選択した職種にあわせて質問が変わるみたいです。

なので選択肢に従って順番に回答していってください。

語学・資格

英会話のレベルについて

一通り回答が終わると次は最後の「語学・資格」のセクションです。

まずは、英語力について回答しましょう。

このセクションも見栄を張ることなく正直に答えて行くので良いと思います。

資格を入力

次に資格を記入しましょう。

見栄をはらなくてOKと言いましたが、変に謙遜することもないので持っている資格は全部書いておきましょう。

ここも一部入力すると、候補が出てくるので選択しましょう。

Excel能力について

続いてExcelのスキルについての入力です。

こんなのもあるんですね。

自動車免許の所持を入力(これが最後の質問です)

最後の最後で自動車運転免許に関する質問がきました。

「あり」「なし」どちらか選択肢して進みましょう。

気になる年収は!?

ジャジャジャーーン!!

767万円でした!!!

とりあえず登録しよう!!

何はともあれ、どういうオファーが来るか分かりませんので、取り敢えず登録だけしてしまいましょう!

微妙なオファーだったら別に無視しておけばいいですからね。

「登録する」のボタンを押すと、アカウント登録の画面になるのですが、最近はFacebookアカウントからも登録出来るんですね。

Facebookアカウントは何か嫌だなあということであれば当然メールアドレスでの登録も出来るようですね。

まとめ

登録するかしないかは別として、こういうサイトで転職時の想定年収が調べられるのは面白いですね。

登録しないと年収が調べられないということではないですが、サクッと調べて登録してみると面白いと思いますよ(*^^*)

診断はこちらから

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でふるのーとをフォローしよう!

スポンサーリンク
fullnote1
fullnote1

シェアする

フォローする

スポンサーリンク