お得なAmazonタイムセールはこちらをクリック!!

ノートパソコンはThinkBook 14 Gen 3がおすすめ!IdeaPadよりコスパよし!

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは!ふるのーと (@fullnote) です!(^^)

先日ノートパソコン買うならIdeaPad Slim 570がおすすめと言う記事を書きました。

ノートパソコンならLenovo IdeaPad Slim 570が最適解!値段重視なら170もおすすめ!

すみません、訂正します。

IdeaPad Slim 570より、ThinkBook 14 Gen3のほうがおすすめでした。

スペックを比較して検証していきたいと思います。

Lenovo
¥57,750(2022/09/22 22:22時点)
スポンサーリンク

ThinkBookとIdeaPadの違いを比較

レノボのノートパソコンは、ビジネス向けのThinkシリーズとIdeaPadシリーズがあります。

Thinkシリーズのほうが、IdeaPadに比べて高機能・高価格であることが多いです。

そのため、あまり購入候補にして来なかったのですが、ThinkBook 14 Gen 3に関しては、価格の逆転が起きており、高機能・低価格の超おすすめのパソコンになっているのです。

モデルThinkBook 14 Gen3IdeaPad Slim 570
価格¥57,750¥68,934
CPURyzen 5 5500URyzen 5 5625U
メモリ8GB8GB
メモリ空きスロットありなし
SSD256GB256GB
指紋センサーありあり
ディスプレイ FHD IPS液晶
 (1920×1080)
 FHD IPS液晶
 (1920×1080)
USB Type-CPD対応、映像出力可PD対応、映像出力可
イーサネットRJ-45なし
WifiWi-Fi 6Wi-Fi 6
BluetoothBluetooth v5.2Bluetooth v5.2
内蔵カメラ720p1080p
重量約 1.4kg約 1.4kg

ThinkBook 14 Gen3とIdeaPad Slim 570ほぼ同じスペックですが、ThinkBook 14 Gen3のほうが金額が安いです。

これだけで選択する価値があるでしょう。

HPやDELLの安いノートにはついていないUSB-CのPD対応や映像出力機能があるのもポイント高いです。

この値段であれば、IdeaPad Slim 170のような安価なモデルをあえて選択する必要もないでしょう。

ThinkBook 14 Gen 3のおすすめポイント

ThinkBook 14 Gen 3はCPUやメモリ、SSDといった基本的なところは、必要十分な性能を備えています。

さらにそれ以外にも「あるといいな」という機能をもっていて、それでいて安いです。

USB-CはPD対応や映像出力機能つき

USB-Cコネクタを持っているノートパソコンは山ほどありますが、この金額帯で、PD対応や映像出力機能つきのUSB-Cコネクタを持っている点はかなりおすすめです。

大きな充電器を持ち歩かなくても利用できますし、PD対応のディスプレイであればディスプレイにつなぐだけで電源を確保することが可能です。

メモリ増設スロットがある。SSD増設も?

最近のノートパソコンはオンボードメモリのみで、増設などができない製品が多いのですが、ThinkBook 14 Gen 3はメモリの空きスロットがあり、増設が可能な点も人気のあるポイントだったり増します。(メモリ増設は自己責任となります。)

SSDについても、モデルによるかもしれませんが、上記動画をみると増設できそうですね。

保守マニュアルなども参考にシてみるとよいかと思います。

Lenovo Thinkbook series Hardware Maintenance Manual

https://download.lenovo.com/consumer/mobiles_pub/thinkbook14_15_hmm_20191106.pdf

ThinkBook 14 Gen 3のレビュー・口コミ

ThinkBook 14 Gen 3は、非常に人気のあるノートパソコンでSNS上にも色々な声がありますね。

ノートパソコン買うならThinkBook 14 Gen 3で決まり。

正直、2022年9月時点で14インチのノートパソコンを買うなら、ThinkBook 14 Gen 3以外に選択肢はないと思います。

それ以外は「帯に短し、たすきに長し」ですね。

コストとのバランスをみても非常にバランスが取れているかと思います。と言うかむしろ安いでしょう。

Lenovo
¥57,750(2022/09/22 22:22時点)

ちなみに軽めの動画編集をするという人は、IdeaPad Flex 570もおすすめです。

ThinkBook 14 Gen 3のメモリ8GBモデルを買って自分で増設するのもありですが、16GBメモリモデルはIdeaPad Flex 570が何故か一番バランスが良くなっています。

モデルIdeaPad Flex 570 ThinkBook 14 Gen 3ThinkBook 14 Gen 3ThinkBook 14 Gen 3
価格84,920円96,690円74910円57,750円
CPU5700U5800U5500U5500U
メモリ16GBメモリ16GBメモリ16GBメモリ8GB
SSD512GB SSD512GB SSD512GB SSD256GB

このあたりは昔から一緒で、私が今使っているFlex 550も同様の理由で購入しました。

IdeaPad Flex 550がやばい!Ryzen7搭載ノートパソコンが7万円だぞ!?レノボが他社を駆逐しに来てる。。

皆さんの予算に合わせて購入してみてください。

それでは今日はこのへんで!ふるのーと(@fullnote)でした!(*^^*)

美味しい食事と音楽に囲まれて毎日笑顔を大切に過ごしています。
ブログもYoutubeものんびりとやっています。(*^^*)

fullnoteをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
パソコン
スポンサーリンク
ふるのーとさんのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました