Youtube100曲アップ達成しました!

【最高】カンボジアのアンコールワットで見る朝日が綺麗すぎた件!

スポンサーリンク

さてさてようやくカンボジアに着きました。

まずはアンコールワットで見る朝日が最高だったのでそのレポートをどうぞ!!(*^^*)

 

スポンサーリンク

カンボジア到着!ビザを取得して、いざ宿へ!

初日は夜にカンボジアに着きました。

ビザは現地でとるほうが安いと聞いて現地空港でとりました。

列にならんで指示に従うだけなので楽勝です◎

 

送迎を依頼していたので迎えの人が来てました。

知らない街では送迎を頼んだほうが面倒事がないので宿への送迎を頼みましょう◎

 

雰囲気のいいあんちゃんが迎えにきてくれました。

早速トゥクトゥクに乗ります!

「来たぜ!アジア!」って感じです◎

カンボジアは基本英語で通じます。

宿までの道でトゥクトゥクのあんちゃんが色々話しかけてくれます。

この時は良く分からなかったんですが、「明日暇なら案内するよ!(有料でね☆)」って言ってたらしいです。

次の日は朝からツアーの予約してたんですが、よく分からなくてうんうん、言ってたら勘違いさせてしまったみたいです。

(あとで宿の人が訂正してくれました。ありがたや)

 

カンボジアにいた間は「ザ シティ プレミアム ゲストハウス」というところに泊まりました。

 

日本人のオーナーが色々してくれるので非常に助かります!

何よりビールが0.5ドルで飲めるのが最高です!

 

最近ではプレアビヒア寺院へのバスツアーも始めたみたいですね。

 

日本人ゲストハウス:ザ シティ プレミアム ゲストハウス

私が泊まった部屋はこんな感じです。エアコン付きのダブルルーム。

一人部屋に泊まりました。

一泊1000円台で泊まれます◎

 

ワイワイ宿泊者で出来るのでお勧めです。

この近くにはいくつか日本人ゲストハウスがあるのですが、知り合いのおすすめもあって私は「ザ シティ プレミアム ゲストハウス」にしました。

さすがに着いた初日からビールってわけにはいかなかったので、すぐに就寝しました。

なぜなら次の日は朝4時からアンコールワットで日の出を見る予定を入れていたからです!

不安と疲れもあってすぐ寝てしまいました。。。(。-ω-)zzz. . .

世界遺産アンコールワットの日の出

コンコン!コンコン!

 

(。-ω-)zzz. . . (。゚ω゚) ハッ!

 

朝ドアをノックする音に気づいて目を覚ます。。。やってしまいました。。

 

出発の時間でした。

 

 

急いで支度をしてアンコールワットに向かいます。

 

どうやら私しか参加者が私だけだったららしく、少し遅れてもなんとか待っててくれました(^_^;)

 

車で数分、日がまだ登りきらないうちに移動を開始します。

 

まだ眠い目をこすりながらアンコールワットに着きました!

 

足元に気を着けながら日の出スポットに到着です。

 

ぼんやりと赤い光が見えてきます。

少しずつ日が昇ってきて明るくなっていく様子は非常に神秘的でした。

 

周りには人が沢山集まってきてます。

みんな写真を撮っています◎

 

だんだん、だんだん明るくなっていきます。

目の前の池に景色が反射して、これがなかなか素敵なんです◎

 

明るくなって空の青がはっきりしてくるんですが、その時々で違う顔を見せてくれるのが、すごい良かったです。

 

すっかり明るくなって周りを見渡すと人が沢山いました。

朝早いのにこんなに人がいるなんて、さすがアンコールワットってところですね!(*^^*)

 

入り口から真っ直ぐ伸びる道もすごいキレイでした。

 

私は日が上がりきるより、少し早めに退散したのですが、場外からみる日の出もすごい綺麗でした。

天気も良かったし、観光初日の朝からいいスタートが切れました!

 

アンコールワット内部の観光はまたあとで昼に周るとのことで、朝は日の出をみて一旦宿に帰ります。

 

さっそくいい体験が出来ました!!

 

カンボジアのアンコールワットで見る朝日まとめ

うん、最高でした。

 

朝日っていいですよね。

日頃の日本の生活で汚れきった心が洗われたような気がします←

 

引き続き、アルコールワットの周辺寺院の観光の様子を紹介していきます!

 

お楽しみ!

 

それでは今日はこの辺で!

ふるのーと(@fullnote)でした!(*^^*)

スポンサーリンク

美味しい食事と音楽に囲まれて毎日笑顔を大切に過ごしています。
ブログもYoutubeものんびりとやっています。(*^^*)

fullnoteをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
カンボジア
スポンサーリンク
fullnoteをフォローする
fullnote/ふるのーと/フルノートのブログ