エジプト旅行記 ~ピラミッド・スフィンクス~

エジプト旅行記 ~ピラミッド・スフィンクス~

シェアする

0bbb136b1c70ec8cccd600657f84aa9c_s

スポンサーリンク
fullnote1

朝食

今日からようやく本格的にエジプトを楽しみます!

朝食は8:00からなのですが、ガイドさんが迎えにくるのも8:00。

なので朝食は簡易なものになるとのことで出してもらったのがこちら。

20160215_072351_R

そう。パンです。あと紅茶です。。。。

まあ、ないよりましですよね。(笑)ほんのり甘くて美味しいです。

ピラミッド

8:00になるとガイドが迎えに来てくれます。

本日の日本語ガイドはぽっちゃり目のハニーさん。

エジプシャンはpの発音が苦手なそうでたまに何言っているかわかりません(笑)

まずはピラミッドに向かいます。

最初にピラミッドに向かうのはクフ王のピラミッドの中に入る人数が限られているからです。私はなんとか入れました!^^b

ピラミッド、間近に見るとやっぱり大きいです。

どーん!

20160215_085818_R

ピラミッドは街中にあるのでピラミッドと逆方面をみると街並みが見えます。

20160215_094247_R

人数制限のあるクフ王ピラミッドのなかに入るのには100ELもかかります。

これ学生料金なので大人料金は200ELかかります。

なんと宿代より高い。。エジプトは観光客から金を取ろうと言う思想がありますが、そういうものだと思ってぐっと堪えて払いましょう。

今回の旅の費用は先日まとめていますので良かったら見てみてください。

エジプトでかかった費用

200ELもしますがクフ王ピラミッドの中は結構すぐ終わります。

でも何千年も前に作られた空間にいると思うとなんだか不思議な気分になりました。

なお、嫌な気分にもなりました。

ピラミッドの中には、カメラをもっていけないそうで、入り口にいるおじさんがチェックしています。

20160215_094210_R

私はカメラはもってなかったので問題ないはずなのですが、小さなゴリラポッドがバックに入っていてそれを置いて行けと言われました。

まあ、出てくるときに返してくれるそうなので納得しないながらも渋々置いていったのですが、出てきたときにニヤニヤしたおじいちゃんが金よこせと言ってきます。

「これかー」と思いました。まあ、こういうのはよくあるそうなので小銭を渡して事なきをえました。

きっとこういうのがこの旅続くんでしょうね。

まあ、そんなに高額を請求して来るわけではないのでそういうものだと思って上手く過ごしていきましょう!(笑)

クフ王のピラミッドの中が終わったら次は車で移動して3つのピラミッドが見渡せる場所に移動します。

なかなかいい景色です。

20160215_100210_R

まわりは砂漠でらくだツアーに参加している人も見れました。

20160215_100515_R

スフィンクス

次はスフィンクスです。

ツアーはさくさくと進みますε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

どーん!

20160215_102700_R

写真をとったら移動です。

まあ、長居してもしょうがないですからね。(^^;)

スフィンクスの前面に行くとピラミッドとの共演が拝めます◎

20160215_103701_R

そして逆方向を向くと、

そう!ケンタッキーフライドチキン!

20160215_103855_R

有名な話みたいです。

スフィンクスは本当にケンタッキーフライドチキンを見つめていた!

ランチビュッフェ

これで午前が終わってランチです。

ツアーに組み込んでいたのでガイドさんがランチに連れてってくれます。

魚と肉どっちがいい?と聞かれたのでお肉にしました(๑´ڡ`๑)

お店はこちら
Sphinx Sun 2 Restaurant

20160215_112126_R

写り込んでいるのはガイドのハニー。^^

中は結構広いです。

20160215_112253_R

このレストランはビュッフェ形式でエジプト料理が食べられます。

サラダもあるし、

20160215_112521_R

お肉もあります。

20160215_112947_R

追加料金が必要ですが、マンゴージュースは飲んだほうが良いです。

すごい濃厚で美味しいです。

エジプト来て一番美味しかったんではなかろうか(笑)

まあ、エジプト料理があまり口に合わなかったからなんですが。

デザートもめちゃくちゃ甘くて紅茶なしには食べられませんでした。

あ!誤解がないように言っておきますが、不味いわけではないです。

あと、ビュッフェだとエジプト料理一通り食べられるからいいかもと思いました。

おみやげ屋さん:香水瓶

食事のあとは、時間があるからとお土産屋さんに連れて行かれます。

もちろん、ガイドさんがキャッシュバック欲しさに連れて行くわけですが、まあ、覗いて見るだけなら良いかなとアリババという香水瓶屋さんに連れてってもらいました。

ご飯食べたところからすぐ近くです。20160215_112034_R

中に入るとなかなか香水の説明をしてくれます。お茶も出してくれます。

なんでも相武紗季さんもきたことがあるそうな。。

20160215_104725_R

ライトに照らされる香水瓶はなかなか綺麗です。(*^^*)
20160215_110536_R


今日はここまで。

次は考古博物館!(*^^*)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でふるのーとをフォローしよう!

スポンサーリンク
fullnote1
fullnote1

シェアする

フォローする

スポンサーリンク