お得なAmazonタイムセールはこちらをクリック!!
本ページはプロモーションが含まれています

【2023】2012年自作PCの新調おすすめ構成を見積もってみた:予算5万~10万円

この記事は約10分で読めます。

こんにちは!ふるのーと(fullnote)です!(*^^*)

少し前からパソコンの調子が悪く、パソコンの買い替えを検討しています。

最近パソコンの調子が悪いんです。。

ノートパソコンはThinkBook 14 Gen 3がおすすめ!IdeaPadよりコスパよし!

ボーカルレコーディングに最適なDTM用おすすめノートパソコン

ノートパソコンで買い替えを考えていましたが、今回は自作PCの新調という観点で改めて見直してみることにしました。

(いつも自分のパーツを忘れてしまうので自分のためのメモ書きも兼ねて。)

スポンサーリンク

2012年の7月に初自作パソコン作成!その時のパーツはコレだ!

私が初めて自作パソコンに挑戦したのは2012年7月ですね。

買ったときのメールを探し出して見たところ、以下を購入していました!

 2012年10月購入価格
マザーボードASUS P8Z77-V16162円
CPUIntel Core i5-3570K(Ivy Bridge:22nm)18829円
CPUクーラー兜2 SCKBT-20004103円
メモリCFD W3U1600HQ-4G (PC3-12800-4GBx2)3229円
HDDWesternDigital WD30EZRX11086円
SSDSAMSUNG MZ-7PC128B/IT8381円
DVDドライブSony Optiarc AD-7280S-0B2077円
PCケースZALMAN Z9PLUS4572円
電源玄人志向 KRPW-SS600W/85+5372円
キーボード/マウスLogicool MK2602353円
ディスプレイ1LCD-MF234XNR10800円
ディスプレイ2EX-LD2381DB13980円
ディスプレイアームLoctek D9D8480円
その他AINEX 5インチベイ小物入れ BB-031009円
OSMicrosoft Windows7 HomePrem DSP7880円
合計 118,313円

ディスクやディスプレイなど後から増設したものもありますが、ざっと12万円くらいかかっていたんですね。

(参考)自分のパソコンの構成パーツを調べるソフトSpeccy

ちなみに「Speccy」というソフトウェアを使えばある程度はわかります。

その他には「CPU-Z」というソフトのも有名ですね。

2023年1月時点でのパーツで自作パソコンを考えてみる

続いて、2023年1月時点のパーツでどういった構成になるのか考えてみました。

(時が過ぎても中古品で組むかもしれないので、この検討は無駄にならないはず。)

Intel CPU版

メーカー2023年1月価格
CPUIntelCore i3 12100¥18,430
マザーボードASUSPRIME H670-PLUS D4¥22,875
メモリCFDW4U3200CM-8GR
 [DDR4 PC4-25600 8GB 2枚組]
¥7,745
HDDWESTERN DIGITALWD Blue WD60EZAZ-RT
[6TB SATA600 5400]
¥10,860
SSDCrucialP5 Plus CT1000P5PSSD8JP¥17,380
PCケースThermaltakeVersa H26¥5,737
電源玄人志向KRPW-BK650W/85+¥6,300
OSMicrosoftWindows11 Pro DSP版¥11,500
合計\100,827

AMD CPU版

メーカー2023年1月価格
CPUAMDRyzen 5 5600G BOX¥19,980
マザーボードASUSTUF GAMING B550-PLUS¥19,900
メモリCFDW4U3200CM-8GR
 [DDR4 PC4-25600 8GB 2枚組]
¥7,745
HDDWESTERN DIGITALWD Blue WD60EZAZ-RT
[6TB SATA600 5400]
¥10,860
SSDCrucialP5 Plus CT1000P5PSSD8JP¥17,380
PCケースThermaltakeVersa H26¥5,737
電源玄人志向KRPW-BK650W/85+¥6,300
OSMicrosoftWindows11 Pro DSP版¥11,500
合計\100,827

ぱんだ先輩
ぱんだ先輩

あれ?パソコンのパーツってこんなに高かったっけ??

検討していて思ったのが、CPUもメモリも昔に比べて値段高くなっているということですね。

それもあってIntelだけでなくAMDでも検討してみました。

CPU:Intel Core i3-12100 / Ryzen 5 5600G

自作PCにおいて、まずはCPUをどれにするかということがポイントになるかと思います。

私は「Intel Core i3-12100」を選択しました。

本当は Core i7にしたかったのですが、値段が高いため、コスパの良いCore i3-12100にしました。

コスパで選ぶならAMDもあり?:Ryzen 5 5600G

AMDの場合はRyzen 5 5600Gですかね。少し高いですけど。

各CPUの比較は以下になります。

 Intel Core i3-12100 AMD Ryzen 5 5600G
アーキテクチャAlder Lake(14nm)Cezanne(7nm)
クロック(Turbo)3.3GHz(4.3GHz)3.9GHz(4.4GHz)
コア数4コア/8スレッド 6コア/12スレッド
TDP60W65W
内蔵GPUUHD Graphics 730AMD Radeon 7 Graphics
価格18,000円30,000円
PassMarkスコア1437819901

性能は Ryzen 5 5600Gのほうが高いですが、一般的な利用であれば Core i3-12100の性能で十分であることを考えると、値段のやすい Core i3-12100 はかなりおすすめですね。

メモリ:CFD W4U3200CM-8GR x2(16GB)

メモリはDDR4-2666 16GBにしました。

メーカーは特にこだわりはないので、安くて実績もあるCFDにしました。

AMDの場合はもっとDDR4-2933など周波数の高いメモリも対応可能ですが、1.35V品と規格から少しずれてしまうので安定のDDR4-2666 1.2V品としました。

※DDR4の標準メモリ電圧は1.2V

ストレージ(HDD/SSD):流用

ストレージも買い替えたいところですが、ここは費用削減のために、現行品を流用します。

これから買うならM.2 PCIE (NVMe) SSDかなと思っています。

ただ、M.2は熱が発生しやすいとのことなので、価格がこなれてくるまではSATA SSDで十分かなという気もします。

マザーボード:ASUS  PRIME H670-PLUS D4 (ATX)

マザーボードは、価格ドットコムで一番人気でコスパもよいASUSの PRIME H670-PLUS D4 にしました。

こだわりは無いのでもっと安いのでも特に問題はありません。

AMDマザーボード:MSI B450 GAMING PLUS

AMDにする場合は、マザーボードもAMD品を選択する必要があります。

こちらも価格ドットコムで一番人気でコスパもよいMSI B450 GAMING PLUSを選択しました。

AMD品は安くてコスパ良いですね。

光学ドライブ:ASUS BC-12D2HT(内蔵型)

光学ドライブは、DVDでも良いのですが、Blue-rayドライブも安くなっていたので、ASUS BC-12D2HTにしました。

外付け型か内蔵型か迷ったのですが、安かったの内蔵タイプにしました。

PCケース:Thermaltake Versa H26(ミドルタワー)

PCケースは、コスパに優れたミドルタワーThermaltake Versa H26を選択しました。

安いのにかなり良さそうです。

価格ドットコムでも1位です。

ディスクスロットが2つしか無い点が少し惜しいですが、その他はケーブル配線もしやすそうでかなり良さそうです。

ケース流用も考えましたが、せっかくなので気分も変えるためにも変更しようと思います。

電源:玄人志向 KRPW-BK550W/85+

電源は玄人志向のKRPW-BK550W/85+にしました。

電源は壊れるらしいので流用はしないで新規購入します。

昔の直出し式と違って最近はプラグイン式というものが主流なんですね。知りませんでした。

GPUの利用は特に予定していないので550Wのコスパの良い電源を選択しました。

OS:Windows 11 Pro 64bit

OSはWindows 11 Pro 64bitをDSP版ですかね。

2022年はAMDのコスパが光った

2022年に自作をするのであれば、AMDにしていたと思います。

何より安いですね。

そこまで高性能は求めませんのでAMDという選択肢はかなり魅力的でした。

2023年はIntel Meteor Lake vs AMD Ryzen 7000G

2023年はIntel Meteor Lake vs AMD Ryzen 7000Gで争う感じになるんでしょうかね。

〇〇lakeが多すぎて種類がよくわかりませんし、何だか戦場はモバイルノードPCのようなのですが、とにかく2023年に新しくCPUが出てきたら、そこに注目したいと思います。

USB-C portやPCIe 4.0も今後主流になっていくと思うのでマザーボードやケースも注目していきたいですね。

「自作はちょっと…」という人はPCショップで購入するのもいいと思います。⇒ドスパラ自作PC

それでは今日はこの辺で! ふるのーと(@fullnote)でした!(*^^*)

参考:https://news.mynavi.jp/article/20230102-2551693/

美味しい食事と音楽に囲まれて毎日笑顔を大切に過ごしています。
ブログもYoutubeものんびりとやっています。(*^^*)

fullnoteをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
コンピュータ
スポンサーリンク