お得なAmazonタイムセールはこちらをクリック!!

【比較】ThinkCentre M75q/M75s/M75t Gen2おすすめはどれ?

この記事は約10分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは!ふるのーと (@fullnote) です!(^^)

最近、デスクトップパソコンを物色しているのですが、レノボのThinkCentre M75 Gen2シリーズがコスパ良すぎて界隈が祭り状態です。

スポンサーリンク

レノボのThinkCentre M75 Gen2シリーズとは?

ThinkCentre M75 Gen2シリーズはレノボが提供するデスクトップパソコンです。

公式サイトに書いたあるとおり、ビジネス向けモデルの位置づけとなっていますが、かなり安いのが特長です。

ビジネスに貢献する高い安全性と信頼性
さまざまな形状やサイズのモデルが用意された ThinkCentreは、ユニークなデザインの頼りになる強力なマシンです。1 リットル・タイプの小型デスクトップや超小型のNano、従来のタワー型デスクトップやスモール・フォーム・ファクター (SFF) デスクトップ、さらには、表情豊かなオールインワン・タイプ (AIO) まで、すべてのモデルが、あらゆる環境でビジネスをサポートします。

https://www.lenovo.com/jp/ja/thinkcentre/

Gen2というのはGeneration 2のことで、こちらは2022年2月時点で最新機種となります。

具体的に言うと、AMDのコスパ最強CPUの

  • Ryzen 7 4750G
  • Ryzen 5 4650G

をサポートするモデルとなります。

CPUの性能が高いのに値段が安いというおすすめのモデルです。

CPUPassmarkスコア
Core i9 10900K24174
Ryzen 7 PRO 4750G21317
Core i7 10700K19683
Ryzen 7 4800H19088
Ryzen 5 PRO 4650G16645
Ryzen 7 4700U13820
Core i7 1185G711138

ThinkCentre M75 Gen2シリーズは、

  • ThinkCentre M75q Tiny Gen2(Mシリーズ Tiny)
  • M75s Small Gen2(Mシリーズ Small)
  • M75t Mini-Tower Gen2(Mシリーズ Mini-Tower)

の3つのモデルが発売されています。

それぞれ75の後の文字でモデルを判別できるようになっています。

Smallのs、Towerのtはわかるんですが、qってなんでしょうね?Quarterかしら?

ThinkCentre M75q/M75s/M75tの違いをチェック!

M75q/M75s/M75tのどれを買うか迷いますよね。

そこでそれぞれの違いを見ていきたいと思います。

画像を見る限りはまずはサイズが違うことは間違いないのですがそれ以外もしっかり見ていきましょう。

一足先にM75sについては記事を書いたのでこちらもどうぞ⇒【5万円】パソコンならレノボThinkCentre M75s Gen2で決まり!310W電源も選べる!

価格

まずはじめに気になるのが価格ですよね。

カスタマイズ後の最小構成の価格をまとめてました。

Ryzen5
4650G(E)
Ryzen7
4750G(E)
M75q Tiny Gen247,850円56,100円8GB/256GB SSD※Ryzen5は4GB
M75s Small Gen247,300円51,260円8GB/1TB HDD
M75t Mini-Tower Gen250,600円55,000円8GB/1TB HDD
V55t Mini-Tower(販売終了)38,500円49,500円8GB/128GB SSD

価格は似たようなものですが、M75s Small Gen2が一番最小構成が安いですね。

追記⇒V55tが一番安くなりますね。特に4600Gが安くておすすめです。

M75q Tiny Gen2が少し高めになっていますが、これはディスクが256GBのNVMe SSDが最小構成のためですので、全て256GB NVMe SSDで揃えて比較すると逆に一番安いかもしれません。

ただ、このモデルは増設前提がおすすめで、SSDを増設するなら1TBくらいのものを別途購入して増設するほうがお得です。

仕様スペック比較

それぞれのスペックを並べてみると以下のようになります。

M75q
Tiny Gen2
M75s
Small Gen2
M75t
Mini-Tower Gen2
V55t Mini-Tower
発売日2020/10/302020/12/42020/12/92020/11/25
ユーザーガイド日本語日本語日本語日本語
CPU4650GE/4750GE4650G/4750G4650G/4750G4600G/4700G
チップセットAMD B500AMD Pro 565AMD Pro 565
メモリコントローラ3200MHz3200MHz3200MHz3200MHz
PC4-25600 DDR4 PC4-25600 DDR4 PC4-25600 DDR4 PC4-25600 DDR4 
SDRAM SODIMMSDRAM UDIMMSDRAM UDIMMSDRAM UDIMM
メモリスロット数2442
メディアカードリーダー非対応搭載可搭載可搭載可
DVDドライブ搭載可搭載可搭載可搭載可
3.5型ドライブベイ111
2.5型ドライブベイ1111
M.2 22801111
M.2 22301111
PCI Express 3.0 x16ハーフレングス
ロープロファイル 
(奥行155.8mm以内)
フルハイト
(奥行215mm以内)
フルハイト
PCI Express 3.0 x1ハーフレングス
ロープロファイル 
(奥行155.8mm以内)
フルハイト
(奥行215mm以内)
フルハイト
USB Type A(前面)USB 3.1 Gen2 x 1
(内、Powered USBx1)
USB 3.1 Gen1 x 2
USB 3.1 Gen2 x 2
USB 3.1 Gen1 x 2
USB 3.1 Gen2 x 2
USB 3.1 Gen1 x 2
USB 2.0 x 2
USB Type C(前面)USB 3.1 Gen1 x 1
(4.5W外部電源供給)
USB 3.1 Gen1 x 1USB 3.1 Gen1 x 1
USB Type A(背面)USB 3.1 Gen1 x 2
USB2.0 x2
USB2.0 x4USB2.0 x4USB2.0 x2
USB Type C(背面)
Ethernet(RJ-45)GbEGbEGbEGbE
VGA11
DisplayPort122
HDMI1111
電源65W(ACアダプタ)180W/260W/310W180W/260W/310W180W
36.5mm92.5mm145mm145mm
奥行182.9mm297.7mm281.5mm276mm
高さ179mm339.5mm340mm360mm
重量1.32kg 5.3kg5.9kg8.85kg
納期3ヶ月3~4週間3~4週間1~2週間

M75s(Small)とM75t(Mini Tower)はサイズが違うくらいしか差がないように思いました。

M75sは搭載できるGPUがかなり限定されそう。

M75tは215mm以下が探せればそこそこのGPUが乗りそう。(なお電源容量…)

M75q(Tiny)は小さい分、拡張性が少なく、メモリスロットやディスクベイも少なく、USBポートも少なかったです。

ただし、USB-PDに対応しており、ドッキングステーションやディスプレイハブなどからの電源供給で動作可能そうですね。

M75q/M75s/M75tのCPU交換は出来る?

このシリーズは激安のため、CPUだけを抜き取り他の自作PCに使う人もいます。

しかし、ロックがかかっててCPUが他のマザーボードでは動作しないということがあるそうです。

CPUを流用するときは十分情報収集してからがよさそうですね。

4750G搭載PCの消費電力見積もり

項目品名消費電力
CPUAMD Ryzen 7 PRO 4750G65W
Memory1.35V DDR4-3200 32GB10W
NVMe SSD1TB5W
M/BAMD Pro 56550W
GPUAMD Radeon  RX6600130W
合計260W

ざっくり計算するとこんな感じですかね。

310Wの電源を利用するとなると130WのGPUは行けそう。

170WのRTX3060はどうなんだろう。。情報モトム。(^o^;)

M75tに搭載するグラボGPU候補

M75t Mini-Tower Gen2 に搭載出来る電源は310W、搭載できるGPUのサイズは215mm以下となっています。

ちなみに厚みは126mmのGPUを載せたけど干渉したという情報もあったので要注意です。(おそらくMSIのGTX 1660 SUPER AERO ITX)

電源を無視した候補は以下。

AMD Radeon AMD Radeon AMD Radeon 
GPURX6600XTRX6600RX6500XT
メーカー玄人志向玄人志向玄人志向
型番RD-RX6600XT-E8GB/DFRD-RX6600-E8GB/DFRD-RX6500XT-E4GB/SF
メモリGDDR6 8GBGDDR6 8GBGDDR6 4GB
サイズ200 x 111 x 39mm200 x 111 x 39mm153×111×36mm
消費電力160W132W107W
推奨電源500W450W400W
金額65700円56100円29700円

NVIDIAのGPUは電力とか厚みとか色々厳しそうですね。。

NVIDIA GeforceNVIDIA GeforceNVIDIA GeforceNVIDIA GeforceNVIDIA Geforce
GPURTX 3060 TiRTX 3060RTX 3050GTX 1660 SUPERGTX 1650
メーカーMSIMSIMSIMSI玄人志向
型番RTX 3060 Ti
AERO ITX
8G OC LHR
RTX 3060
AERO ITX
12G OC
RTX 3050
AERO ITX
8G OC
GTX 1660 SUPER
AERO ITX
OC
GF-GTX1650D6-E4GB/DF3
メモリGDDR6 12GBGDDR6 8GBGDDR6 8GBGDDR6 6GBGDDR6 4GB
サイズ172x125x43 mm172x125x43 mm172x125x43 mm179x127x42 mm181x97x33 mm
消費電力200W170W130W125W75W
推奨電源600W550W550W450W350W
金額92,950円76,450円62,700円56,550円27,500円

GPUのベンチマーク性能

GPUの性能はこんな感じです。

GPU3DMark(Fire Strike)
RX6600XT28342
RTX3060Ti28145
RX660023366
RTX306021613
GTX1660Ti15999
RTX305014811
RX5500XT14328
GTX166013708
GTX16509203

M75tにRX6600が使えれば結構良さそうですね。

一応、使えたというレビューをどこかで見たのですが、どこだか忘れてしまいました。。

結局どれを買ったら良いか

比較の結果、結局どれを買ったら良いのかですが、今の所の考えとしては、

ですね。

先に発売開始したM75qが大人気で納期が結構かかるみたいですね。

個人的には、納期も比較的早くて、RTX3050やRX6600のGPUが搭載できる可能性を秘めているM75t(310W)にします。

GeForce RTX 3050 StormX OCあたりは長さ170mmなので載りそうではありますがどうなんでしょうね。

みなさんはどのモデルに惹かれますか?

ぜひ色々検討してみてください!

それでは今日はこのへんで!ふるのーと(@fullnote)でした!(*^^*)

美味しい食事と音楽に囲まれて毎日笑顔を大切に過ごしています。
ブログもYoutubeものんびりとやっています。(*^^*)

fullnoteをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
パソコン
スポンサーリンク
ふるのーとさんのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました