【タイ3日間弾丸一人旅行】費用と持ち物とおすすめプラン【個人手配】

【タイ3日間弾丸一人旅行】費用と持ち物とおすすめプラン【個人手配】

シェアする

thai1

fullnote
夏だけどやることないな~

そうだ!タイに行こう!

こんにちは!ふるのーと(@fullnote)です!(*^^*)

ちょっと時間があったのでタイに行ってきましたのでそのレポです。

3日間の弾丸旅行だったのでかなり詰め込みました。

基本的には個人手配しましたので、そのスケジュールとかかった費用をご紹介します。

スポンサーリンク
fullnote1

タイ旅行3日間にかかった費用は約9万円!

今回の旅でかかった費用ですが、円が69000円、タイバーツが7500バーツ程度で約22000円で

約9万円でした!!

※1タイバーツ =2.95円として計算しました。

どうなんですかね?

個人的には飛行機代をもっと節約出来るのかなーと思いました。

あ、あと鉄道代、交通費、ビール代やおみやげ代はここには含めていません。

(よく覚えていませんがそこまで金額は大きくなかったと思います)

以下詳細です。

航空券:タイ国際航空

今回、思い立ったのが1週間前だったのと、出発を羽田、帰着を関空直行便必須にしたので航空券代は少し高めで69,000円です。

たまたまですが人気のタイ国際航空でした。

航空券はスカイスキャナーで調べるのがおすすめ!

ちなみに今回調べたところ相場が4万円代で安いと3万円代とかもあるみたいでした!


ホテル:EZ STAY Bangkok

ホテルは今回は日本人宿のゲストハウスEZ STAY Bangkok(http://ezstaybangkok.com/)にしました。

2泊で1,000バーツでした◎

日本語で安心だし、楽しいし本当に最高の宿でした。

詳細記事はこちら

現地ツアー:ベルトラ

ツアーはベルトラ(http://www.veltra.com/jp/asia/thailand/)を使いました。

バンコク市内(午前)観光ツアー:1,440バーツ

アユタヤ遺跡+水上マーケット(一日):1,980バーツ

効率まわるならツアー利用は必須ですね。

パタヤビーチ-ラン島

フリーの日が一日あったのでバンコクからパタヤのラン島まで行ってきました。

バンコク-パタヤの往復バス代:108バーツ x2

パタヤバスターミナルからフェリー乗り場までの乗り合い車代:50バーツ

ラン島までの往復フェリー代:30バーツ x2

ラン島一周のバイク案内:400バーツ

フェリー乗り場からバスターミナルまでのバイタク:120バーツ

SIMカード代

3日間1GB分のSIMカードが200バーツでした。

キャリアはTrueMove (http://truemoveh.truecorp.co.th/?ln=en)というところにしました。

本当にスマホにはお世話になった。。。歩きながらネットで色々調べられるなんて良い時代だ。。。

食事代

1日目 昼:カオマンガイ、マンゴー:200バーツくらい

1日目 夜:トムヤンクン、ガパオ:400バーツくらい

2日目 夜:パッタイ、マンゴージュース:300バーツくらい

3日目 昼:屋台:40バーツ

3日目 夜:タイスキ:500バーツ

屋台で食べればもっと安く済ませれたと思います。

今回はそこまで節約旅行ではなかったので目に止まったところに突撃していきました!

マッサージ代

マッサージは2回受けましたがどちらも300バーツ程度でした。

マッサージ最高!\(^o^)/

約900円で1時間のコースが受けられます!もっと受けたかったー!!!

3日間のスケジュール概要

20160808_081359

詳細は別記事に書くとしてここでは概要を記載しておきます。

これからタイ3日間弾丸旅行を組まれる方は参考にしてみてください。(*^^*)

1日目

20160808_083611

0:20 羽田空港発

4:50 スワンナプーム空港着

6:50~ ツアー開始(ワットアルン、ワットポー、ワットプラケオ)

10:00~ サイアム周辺散策(食事、買い物、マッサージ)

17:00~ ゲストハウスチェックイン

18:00~ ゲストハウス建物内マッサージ

19:00~ 食事

~0:00 帰宅後、日が変わるくらいまでゲストハウスの人とマッタリお話。

詳細記事はこちら

2日目

20160809_153643

6:50~ ツアー開始(AM 水上マーケット、PM アユタヤ遺跡)

18:30~ パッポンナイトマーケット散策、食事

~0:00 帰宅後、日が変わるくらいまでゲストハウスの人とマッタリお話。

3日目

20160810_123506

7:40~10:00 バンコク~パタヤ バス

11:30~12:30 パタヤ~ラン島 フェリー

12:30~14:00 ラン島散策(バイク)

14:00~15:00 ラン島~パタヤ フェリー

15:30~18:00 パタヤ~バンコク フェリー

19:00~21:00 食事(with ゲストハウスの人たち)

23:30 スワンナプーム空港発

翌7:00 関西国際空港着

タイ旅行における服装と持ち物

タイ旅行における服装と持ち物なんですが、正直そこまで慎重になる必要はありません。

基本的には安価に現地調達出来ますので。

服装

IMG_1616

まず服装ですが、寺院に入るの場合は、長ズボンやシャツがいいでしょう。

女性はあまり肌を露出する服装は避けたほうが無難です。

ただ、現地で500円くらいで快適なタイパンツ(?)が調達できるのでそれを買ってもいいと思います。

気候は基本的にはものすごく暑いのですが、室内やバスはエアコンが効きすぎていることがあるので羽織れる上着が会ったほうがベターです。

私の場合はパタヤに向かうバスが寒すぎて、上着を持って行って正解でした。

持ち物

baty

基本的にはお金とパスポートがあれば大丈夫です。

全部現地で調達できます。

私はお金とパスポートに加えてNIXONリュックに着替えとスマホと充電器を入れていったくらいです。

ですのでフットワークも軽く動きまわれました◎

あ、あとホテルに歯ブラシがなかったので歯ブラシは持って行きましたね。

細々した持ち物は人それぞれかと思いますが、基本的にはそれほど多く荷物を持っていく必要はないと思います(*^^*)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

3日間しかなかったのでかなり詰め込みました。

結構移動で時間がとられるので近場を回るのであれば、もっと違ったスケジュールも組めるかもしれません。

タイは10万円あれば十分楽しめると思いますし、

格安航空券を使ったり、観光は自力で回って、ご飯も屋台で済ますのであれば、6万円くらいでタイを楽しむことも可能だと思います。

少し不安になるニュースもありますが、タイ旅行を計画している人の参考に少しでもなれば幸いです。(*^^*)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でふるのーとをフォローしよう!

スポンサーリンク
fullnote1
fullnote1

シェアする

フォローする

スポンサーリンク