ベトナム旅行(2) 一泊二日ハロン湾グレイラインクルーズ1日目

ベトナム旅行(2) 一泊二日ハロン湾グレイラインクルーズ1日目

シェアする

fullnote
「世界遺産で船上クルーズ♪」

こんにちは!ふるのーと(@fullnote)です!(*^^*)

ベトナム旅行2日目は世界遺産ハロン湾の一泊二日クルーズです。

スポンサーリンク
fullnote1

ハロン湾クルーズは絶対泊まりがけで行こう

ハロン湾クルーズに実際に行ってみた思ったのが、

絶対泊まりがいい!

ということですね。

ハノイからハロン湾まで、片道バスで4~5時間かかります。

往復にすると8~10時間。

日帰りツアーだと移動時間だけで一日終わってしまいします。。

朝ハノイを出て、12時にハロン湾について船に乗って、出発して少ししたら、降りて近くの鍾乳洞見て船に戻って、15時にはもう陸に戻って来て終わりです。

そして、バスに乗ってハノイにつくのは19時。。

せっかく、世界遺産のハロン湾でクルーズするのに日帰りツアーだとバスに乗ってる時間のほうが長くてもったいなさ過ぎますね。

 予約はExpediaで確認しよう

クルーズということで、はじめは現地ツアーのベルトラで申し込もうとしていました。

ただ、たまたま「エクスペディア」を覗いてハロン湾周辺ホテルを探していたところ、クルージングもホテルとして登録されていて予約ができました!

これに気づけたのは凄い大きくて、現地ツアー(ベルトラ)の場合、グレイライン号は一人あたり217ドルで二人で434ドル。

それが今回エクスペディアで「Gray Line Halong Cruise」を予約したところ、二人で 26,426でした!!

なんと普通に予約するのと比べて半額!!

エクスペディアはたださえ安いのでクレジットカードのクーポンがあるのでかなりお得でした。

合わせてよみたい!

英語は話せなくてOK。日本語ガイド付きツアーにする必要なし

クルーズは日本語ガイド付きツアーと英語ツアーの2つがある。

結論から言うと、日本語ガイド付きツアーにする必要はない

もちろん、日本語ガイドがいたほうが、説明を理解できるので、よりスムーズだが、特に理解できなくても問題ない。

説明を聞いていないと危険なことは無いし、他の人についていけば大抵のことはどうにかなります。

そもそも食事中や寝ている時に色々説明があるわけでもないし、必要な時はジェスチャーで伝わります

クルーはいい人達なので困ったときは助けてくれます。

もちろんお金に余裕のある人は日本語ツアーで全然OKです。

ただお金を節約したいは英語ツアーもいいと思います。

今回英語ツアーでしたが全然不便ありませんでしたよ◎(*^^*)

ベトナム旅行2日目

2日目のスケジュールは次のとおりです。

時間 内容
6:00 起床
7:00 ホテル朝食
7:55 ホテルチェックアウト
8:00 シャトルバスでハロン湾へ
12:15 ハロン湾到着
12:30 Gray Line Halong Cruiseへ乗船
13:30 船上ランチ
15:00 ボートでランハベイへ
15:40 ティートップ島ハイキング
17:30 デッキでフルーツ
18:30 ベトナム料理体験
19:30 船上ディナー
21:00 自由時間(カラオケ、イカ釣り等)
0:00 就寝

午前は移動でしたが、午後は夜まで予定ギッシリで楽しかったです。\(^o^)/

朝、ハノイモーメントホテルで朝食

朝食は泊まった「Hanoi Moment Hotel」の1階で食べました。

宿泊費の中に食費が含まれています。(安すぎる。。)

たしか結構早くからやっていて6時台から食事が取れたと思います。

朝食は軽いビュッフェです。

ベーコン、ソーセージ、パンにフルーツ類。

それからなんとフォーも食べられます。

しかも一つ一つ頼んでから作ってくれます。

朝はこってりしたものは辛いのでフォーは最高です(*^^*)

出発

食事も終わってチェックアウトも終わって、フロントで待っているとグレイラインクルーズのスタッフがシャトルバスで迎えに来てくれます。

ちなみにシャトルバスの値段は往復で一人25ドルです。

少し高いような気がするかもしれませんが往復10時間ですので空港へのタクシーなんかよりよっぽどお得です。

バス車内はこんな感じです。

結構ゆったりしています。

ちなみにスコーピオンクルーズと共同運行でした。

休憩

バスは2時間ほど走ると途中トイレ休憩にお土産屋さんに止まります。

特に強い勧誘もないので、買いたければ買うというようなスタンスのようです。

飲み物やアイスも売っていますので買っている人もいました。

到着

12時正午をまわったあたりでハロン湾へ到着します。

岬にはクルーズ用の船が沢山停泊していてテンションがあがります。(*^^*)

出発の時間になるまで、待合所で休憩となります。

今回乗る船はこちら。

時間になると中に案内されます。

まずはダイニングで空いている席に座ります。

部屋:バルコニー付きスイート

全員揃うとスタッフが少し話をして、部屋の鍵をくれますので鍵を受け取って部屋に向かいます。

今回私が泊まったのはバルコニー付きのスイートです◎(*^^*)

値段があまり変わらなかったのでスイートにしたのですが、正解でした。

外に寝れるチェアがあってそこでゆっくり出来ます。

このスイートは船に2つしか無いので早い者勝ちですね(*^^*)

歯ブラシ等のアメニティはありますが、バスローブはありませんので寝る時の服は持っていくと良いと思います。

一緒に乗った人が、寝る時の服に悩んでました(笑)

あと、なぜかがジャグジーはあるのにシャワーカーテンがありません。

海外の方はシャワーをあびるときも豪快なんですかね?(^_^;)

船上ランチ

さてさて、13:30~は待ちに待ったランチです。(๑´ڡ`๑)

一応メニューがあったそうなんですが、早く食べたくてあまり見てませんでした(^_^;)

船上だからといって侮ることなかれ。

かなりしっかりした食事でした。

まずはスープ。

ベトナムと言えば春巻き!パクチーが美味しかったです◎

エビ

イカ

白身魚。これ美味しかったです。

ライス。

何故か後半に野菜が出てきました。 

そしてデザートのバナナとコーヒー。ちなみにコーヒーは別料金。 

どれも想像よりも美味しかったです。

ちなみにテーブルごとに大皿で出てきて席のみんなでシェアする形式になります。

我々は日本人のご夫婦と同じ席になり和気あいあいと食事を楽しむことが出来ました。

遊覧

食事のあとはのんびりと船の上のデッキで景色を眺めます。

ぼーっと出来て、静かで本当に気持ちよかったです。

景色はというと、大きな岩ばかりです(笑)

でも静かで風も穏やかで本当に気持ちよかったです。

クルーの人も言っていましたが、晴れていると暑いのでこの時期は曇りくらいがちょうどいいそうです。

今回運良く雨にも降られませんでした◎

 ボートでランハベイ(Lan Ha Bay)へ

次のアクティビティは手漕ぎのボートにのって入り組んだところを通ります。

ウェブサイトには水上集落訪問とか書いてありましたが、行きませんでした。

また、カヤックも最近ツアーに組み込まれなくなったとのことでありませんでした。

ぱんだ先輩
「カヤック乗りたかった。。」

ボートに乗るのにチケットが必要で渡されます。

チケットに穴をあけられた後、すぐにクルーに返します。(謎)

ボートに乗ると出発です。

天井の低い洞窟を抜けていきます。

抜けるとお猿さんがお出迎えしてくれます。

岩に囲まれたところを一周して終了となります。

ティートップ島ハイキング

ボートが終わると船に戻って今度はティートップ島と言われるところにいってハイキングです。

ハイキングと言ってもそれほど本格的なものではなくて、15分位階段を登る程度のものです。

ただ、結構急なのでサンダルではなく、運動靴が良いでしょう。

ちなみにティートップ島は1962年にホーチミン大統領と旧ソビエト連邦の宇宙飛行士で英雄のGhermann Titovがこの地を訪れたことを記念して名付けられたのだそうです。

Titov→TiTopだそうな。

入り口にある大きな像はおそらくTitovさんなんでしょうね。

数十メートルあるくと、階段が見えてくますのでそこをひたすら登ります。

これが意外ときついです(^_^;)

上に登れば綺麗な景色が見れます。

なかなかきれいでした。

眺めを満喫したらあとは階段を降りて戻るのですが、これが意外と急で結構怖いです。

降りたところには飲み物やココナッツを売っています。

ココナッツは80,000VDN(400円)と少し高めな観光地価格。

常温なのでぬるいですが、まあ、こういうのは雰囲気重視なので雰囲気を楽しみましょう。

ちなみに海にも入れます。

大きなタオルを船で貸してくれるので入りたい人は海水浴もできます◎

時間まで楽しんだら船に戻ります。

小さなボートに乗って戻るのですが、この時運良く夕日が見えました。

幻想的でなかなかきれいでした。

ミニパーティ

船に戻るとミニパーティとウェブサイトに書いてある時間帯になります。

フルーツの盛り合わせがデッキにあり、それとカクテルを楽しみましょうタイムになります。

このときはハッピーアワーということでカクテルを2杯頼むと1杯無料でのめるというサービスタイムでした。

ただ、私はビールを頼みましたが(笑)

このときにデッキで夕飯用の牡蠣とエビを炙っていてものすごく食欲を刺激されました。

春巻き料理体験

日も沈んでくる頃になると、デッキで春巻クッキングタイムになります。

料理自体はライスペーパーに野菜とお肉を挟んでくるくる丸めるだけのすごく簡単なものなのですが、意外と盛り上がって楽しかったです。

作ったものはその場で食べられるのですが、美味しかったです。

具を沢山入れたほうが美味しいですね(*^^*)

料理体験が終わる頃には日もすっかり沈み、真っ暗になります。

船は止まっており、一晩同じ場所ですごします。

周りにも同様のクルーズ船が止まっていてライトが綺麗でした。

船上ディナー

フルーツと春巻きを食べたばかりですが、夕飯の時間がすぐにやってきます。

まずはスープから。このスープ美味しかったです。

サラダ

玉ねぎを蓮にみたてキャンドルを添えたお皿に揚げ春巻きがよそらてきます。

ちなみにこのあとすぐに電気がもどります。(笑)

シュリンプカクテルと牡蠣。

メインディッシュのお魚。

これ柔らかくて美味しかったですლ(´ڡ`ლ)

そしてデザートのパパイヤクリーム。

あと、この日に誕生日の方がいて、バターケーキをいただきました◎(*^^*)

美味しい食事とお酒でお腹いっぱいになりましたー!

もうほろ酔いで凄い幸せでした。

 食後の自由時間

食後の自由時間はいくつかアクティビティがありますが、あまり期待しないほうが良いです(笑)

イカ釣り

イカ釣りが出来るということで竿が用意されています。

しかし、初心者には難易度が高く全く反応ありませんでした。

他の人も釣れている人はいませんでした。(^_^;)

カラオケ

船にはカラオケがついていて利用できるのですが、なかなか大きい音です。。

歌っている人は良いのですが、寝たい人には少しうるさかったかと思います。

しかも結構遅くまで歌っている人がいたのでなかなか賑やかな夜でした(^_^;)

ギター

ギターも一応置いてあることにはあるのですが、カラオケの音に消されるからか誰も触っていませんでした。

というわけで夜の自由時間は各々がのんびり好きに過ごしていました。

2日目まとめ・感想

こんな感じでベトナム二日目はハロン湾のクルーズに乗りました。

なかなかテンポよくアクティビティがあって充実した一日を過ごせました!(*^^*)

食事もビールもビールも美味しかったので凄い良かったです。

横になりたかったらすぐに部屋に行ってベットで寝れるし、デッキで横にもなれるのが最高でした!

3日目は、ハロン湾の鍾乳洞と、ハノイに戻って高層ビルのルーフトップバーやハノイジャズクラブに行ったことを書きたいと思います!

お楽しみに◎

続きはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でふるのーとをフォローしよう!

スポンサーリンク
fullnote1
fullnote1

シェアする

フォローする

スポンサーリンク