Youtube100曲アップ達成しました!
fullnoteblogへようこそ

fullnoteblogは「音楽」「旅行」「食事」をテーマにしたブログです

【休日NG?】東京ミッドタウン日比谷に行ってきたので報告!混雑具合やアクセスなど。

スポンサーリンク

ふるのーと
ふるのーと

東京ミッドタウン日比谷どんな感じ?

 

こんにちは!ふるのーと(fullnote)です!(*^^*)

 

2018年3月29日、東京は日比谷に、その名も「東京ミッドタウン日比谷」がオープンしました。

早速、行ってきましたので紹介したいともいます◎(*^^*)

 

スポンサーリンク

東京ミッドタウン日比谷とは?

東京ミッドタウンといえば、皆さんご存知の通り、東京・赤坂(六本木)にある複合施設です。

防衛庁の跡地を再開発して出来た施設で、開業は2007年(平成19年)3月です。

つまり、もう10年以上前なんですね。

時が立つのは早いものです。

 

東京ミッドタウンには「Billboard Live Tokyo」があるので私もよく行きますが、なかなか綺麗な場所ですよね。

▼Billboardについてはこちらをどうぞ
今すぐ行きたい生演奏が最高のおすすめのライブレストラン!

 

この東京ミッドタウンの運営者は三井不動産なわけですが、今回、同じく三井不動産が日比谷に作った施設が、東京ミッドタウン日比谷というわけです。

 

もともとは「三信ビル」「三井銀行本店」があったそうで、その跡地を再開発ということみたいです。

 

ちなみに建設工事は鹿島建設が行ったそうです。

デザインアーキテクトはイギリスの設計会社のホプキンスアーキテクツだそうです。

 

東京ミッドタウン日比谷の場所・アクセスは?

東京ミッドタウン日比谷というくらいなので、東京は日比谷にあります。

住所は「〒100-0006 東京都千代田区有楽町1丁目1−3」

最寄り駅は、JR有楽町か地下鉄日比谷駅ですね。

 

有楽町駅でいうと、銀座方面とは逆側でビックカメラがある側です。

日比谷公園の目の前なので日比谷公園を目指せば徒歩5分くらいで着きます。

 

ちなみに地下鉄は地下でつながっているみたいなので、地下鉄組は直通で行けるみたいです。

 

東京ミッドタウン日比谷の混雑具合は?

私は平日のお昼すぎくらいに行ったのですが、混雑はしているものの、見てまわれるくらいでした。

 

休日だとちょっとツライかもしれませんね。

混んでいるところが苦手な人は、休日は避けたほうが良いかもしれません。

 

いざ潜入!東京ミッドタウン日比谷の中の様子へ!

エントランス

有楽町駅から5分ほど歩くと、東京ミッドタウン日比谷が現れます。

 

映画のチケットを買うところにはゴジラの像もありました。

 

東京ミッドタウン日比谷の入り口には、誘導員が立っていて「こっちですよ~」と案内してくれていますので列に並びます。

 

中に入ってもエスカレーターに乗るための長い列が出来ています。

 

中は吹き抜けになっていて広く感じますね。

 

ちなみにフロアガイドを配っていますので、列に並んでる間は読んでおきましょう。

 

エスカレータは2列に並んで利用しましょう。

片側は歩いて行くルールはないので、のんびり行きましょう。

 

【裏技】混んでいたら階段も使おう

私が行った時は階段も開放されていました。

 

階段は使う人はほとんどいなくて空いているので元気な若者は、階段を使うとスイスイ行けるでしょう◎

 

2F~3F

2F~3Fがメインのショッピングエリアで色々お店が入っています。

 

雑貨屋さんに服屋さんに色々と賑わっていました。

 

レストラン

レストランも沢山会ったのですが、どこも開業祝いのお花と人でいっぱいでした。

 

行ってみるとわかると思いますが、本当に沢山のお花がおいてあります。

 

お昼すぎに行ったのでレストランはどこも行列が出来ていました。

 

4階~5階はTOHOシネマズ日比谷の映画館

4階にはTOHOシネマズがあります。

なんでも地下にもスクリーンがあるそうです。

 

何でもこの「TOHOシネマズ 日比谷」は、“映画の宮殿 THE MOVIE PALACE(ザ・ムービーパレス)”をコンセプトに造られたそうです。

総席数は約2800席で、都内最大級となる13スクリーンのシネマコンプレックスとのことです。

これで日比谷地区で映画館に困ることはなさそうですね。

 

6階は気持ちのいいパークビューガーデン

6階は外に出ることができて眺めの良い景色を楽しむことができます。

 

天気のいい日は、外に出ると本当に気持ちがいいです。

 

眼の前に日比谷公園や皇居があるので、緑が広がっていて見晴らしもいいです。

 

混んでいるかも知れませんが、椅子もあるので、ボーっとするのもいいかもしれませんね。

 

東京ミッドタウン日比谷のオフィスフロア

東京ミッドタウン日比谷の一般の人が楽しむのは主に地下~7階フロアですが、企業がはいるオフィスフロアも34階まであり、さまざま入居企業があります。

 

旭化成の本社が東京ミッドタウン日比谷に入るなどで話題にもなりました。

 

旭化成の本社組はこんな良いところでお仕事できるなんて羨ましいですね。

 

まとめ:東京ミッドタウン日比谷に行くなら平日がおすすめ

いかがでしたでしょうか?

 

東京ミッドタウン日比谷は立地もいいし、綺麗だし、日本を代表する商業施設になることは間違いないでしょう。

 

ただし、その人気ぶりから、休日はとてつもなく混雑します

出来ることなら休日は避けて平日に行くことをお勧めします。

 

いずれにしても、楽しめる場所が増えるのは嬉しいことですね。

是非是非、東京ミッドタウン日比谷に行ってみてください。

 

それでは今日はこの辺で!

ふるのーと(@fullnote)でした!(*^^*)

 

スポンサーリンク

美味しい食事と音楽に囲まれて毎日笑顔を大切に過ごしています。
ブログもYoutubeものんびりとやっています。(*^^*)

fullnoteをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
旅行
スポンサーリンク
fullnoteをフォローする
ふるのーとさんのブログ