2017年おすすめ高音質ハイレゾ人気イヤホン【さかいゆう×Graphene】

2017年おすすめ高音質ハイレゾ人気イヤホン【さかいゆう×Graphene】

シェアする


出典:http://navi.maxell.co.jp/pick_up/graphene_sakaiyu/

fullnote
「今年こそ良いイヤホン欲しい」

ミュージックラバーのみなさん、こんにちは!ふるのーと(@fullnote)です!(*^^*)

みなさんはスマホや音楽プレイヤーに使うイヤホンは何を使っていますか?

日立マクセルの「Graphene」というモデルが気になったのでシェアしたいと思います◎

スポンサーリンク
fullnote1

さかいゆうのライブに行ってきました

年末に「さかいゆう」のライブに行ってきました。

メッチャ良かったです!

やっぱ音楽は生ライブですね◎

さかいゆうオススメです

さかいゆうさんは、本当にオススメです。

まだ聞いたことない人は是非聴いてみてください。

さかいゆう / ジャスミン[Film Ver.]
2月3日発売 さかいゆう約2年ぶり4枚目のオリジナルアルバムは、ポップス・R&B・JAZZ・エレクトロ等、多彩な音楽ジャンルを詰めこんだ“さかいゆうミュージック”の集大成! 初回生産限定盤には、インディーズ時代から現在までに発表したカバー楽曲7曲+2015年にBillboard-LIVEで開催されたカバーライブ音源2 曲に加え、高知県の民謡をさかいゆう流に再構築し新録した「よさこい鳴子踊り」から構成される豪華特典カバーCD「さかいゆう COVER COLLECTION」(全10曲収録)を付属! 発売記念モールツアー&全国ツアーの詳細はこちらから

さかいゆう / ジャスミン[Film Ver.]

ライブ会場でイヤホンの視聴イベント開催

そのさかいゆうのライブ会場でイベントしていたのが「SAKAI YU x Graphene」です。

これはチェックしないわけにはいかないですよね?(*^^*)

ハイレゾ対応カナル型ヘッドホンGraphene(グラフェン)

ぱんだ先輩
「ぐらふぇんって何よ?」

ダイヤモンドより硬いGraphene(グラフェン)

Grapheneとは、ダイヤモンドより硬い素材の名前なんだそうです。

ダイヤモンドと同じく炭素原子で出来てるそうなんですが、なんでも構造が違うんだとか。

硬いだけじゃなくて伝導率もトップクラスだとか。

この素材の名前をそのままブランドネームにしちゃったのが、今回のイヤホン。

なんだかかっこいいですよね(*^^*)

ちなみに、この「グラフェン」って素材絡みでノーベル賞を受賞しているらしいですよ。

製造メーカーは日立マクセル

製造メーカーは日立マクセル。

マクセルは独自技術で開発した製品に「m」を冠しているんですって。

今回のモデルは「MXH-GD200」と「MXH-GD100」ということでマクセルの独自技術が使われた最新製品ということになりますね。

ちなみにGrapheneを使ったのは業界初だそうです。

グラフェンの何が良いの?ーメリット

イヤホンに活かされるグラフェンの特長は以下3つとのこと。

速さ
硬さ
軽さ

音の伝播速度の「速さ」

振動板全体が一体として音を再現、

特に高周波域の再現性に優れるんだそうです。

振動時に変形しない「硬さ」

音の濁りの原因となる振動板の分割振動を抑制してくれる素材がグラフェンとのことです。

振動板を速く動かすための「軽さ」

グラフェンのもつ軽さが群を抜くレスポンス特性を発揮し、スピーディな音を再現しているそうなんです。

ステンレスボディの「MXH-GD200」、アルミニウムボディの「MXH-GD100」

今回このGrapheneは2モデル出ています。

ステンレスボディの「MXH-GD200」は、ステンレス合金×高剛性樹脂のハイブリッド。

アルミニウムボディの「MXH-GD100」は、アルミニウム合金×樹脂のハイブリッド。

さらに「MXH-GD200」は独立グランドケーブル採用

グランド信号を分離した4芯ケーブルを採用し、クロストークを低減し、ひずみの少ない繊細な再生音を実現するんだそうです。

なお、振動板やドライバーユニットは共通のものを採用しているとのことなので、ポイントはハウジングの素材とケーブルの違いですね。

Grapheneらしさを味わうという意味では「MXH-GD200」のほうがオススメだと思います。

さかいゆう×Graphene

ここで特設サイト(現在閉鎖)のさかいゆうさんのコメントも抜粋しておきたいと思います。

とてもHigh(高音)の部分が繊細で、どこまでも伸びていく気がしましたね。だから、ボーカルのブレスのHighの部分とか、そういうところまでキレイに聴くことができるので楽しいと思います。

fullnote
「ふむふむ。高音が良いのね。」

「MXH-GD200」は、つややかに高音が伸びている。Highの伸びが再現できている。今まで使ったイヤホンの中でいちばんHighが高いなぁ。例えば“うまいワイン、スパイシーなワインが来たな”、っていう感じ。食事と音楽は一緒ですからねー(笑)人にプレゼントするなら「GD200」を買うかな。「GD100」は弟分に位置するという感じですね。

ぱんだ先輩
「やはり買うならGD200かな。」

動画はこちら(*^^*)↓

さかいゆう×Graphene
さかいゆう×Graphene

さかいゆう×Graphene

コスパはどうなのか

このイヤホンAmazonで「MXH-GD200」は約12,000円、「MXH-GD200」は約9,000円でした。

これを高いと感じるか、安いと感じるかは人それぞれだと思いますが、私は手を出してみれる価格帯だと思います。

スマホ(iphone・android)や音楽プレーヤーで使う

今や、音楽は殆どがiphone・androidなどのスマホで聞いているのではないでしょうか?

ハイレゾが出てきてからまた専用の音楽プレーヤーで聞く人も増えてきましたね。

そんな音楽ライフを充実させるためにも、少しいいイヤホンを一つ持っていてもいいと思うんですよね。

ちょっと良いプレゼントに最適だと思う

こういうのはプレゼントに最適だと思うんですよね。

自分ではちょっと手がでないけど、実は欲しいってやつ。

音楽好きなら男女関係なく欲しいだろうし。

というわけで、欲しいものリストに入れておきました(笑)

まとめ

さかいゆうがコラボしているグラフェンってハイレゾ高音質イヤホンが良さげです!

グラフェンはダイヤモンドより硬い素材で、グラフェンを使ったこのイヤホンは高音が綺麗に聞こえる日立マクセルの最新モデルで名前も素材の名前そのままで「Graphene」

グラフェンは2モデル出てて値段は1.2万円と9千円。

正直、ちょうど手が出そうな値段設定なので思わず買ってしまいそうです。。。

人へのプレゼントに最適だと思うので音楽好きの知り合いがいたらどうぞー(*^^*)

こちらの記事もどうぞ↓
https://fullnoteblog.com/sakai-yu-osusume/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でふるのーとをフォローしよう!

スポンサーリンク
fullnote1
fullnote1

シェアする

フォローする

スポンサーリンク