Youtube100曲アップ達成しました!

【相場3万円】結婚式の高くてきつい祝儀や引き出物辞めませんか?

スポンサーリンク

goshugi

ふるのーと
ふるのーと
また結婚式か。。ご祝儀3万円きついっす。

 

こんにちは!ふるのーと(@fullnote)です!(*^^*)

結婚式のご祝儀って高くて結構つらいですよね。。

 

ふと、ご祝儀ってイラナイよね?って思ったのでメモしておきます。

 

スポンサーリンク

結婚式のご祝儀(お祝い金)の金額相場

みなさん、ご祝儀はいくら包まれますか?

 

ご祝儀の相場を調べてみたところ、友人・知人、会社の同僚の場合の相場は

 

30,000円

 

でした。

 

コレはみなさんご存知のとおりだと思います。

 

ちなみに兄弟・姉妹などの親族の場合の相場は、50,000円のようです。

 

これって結構きついですよね。。

 

結婚式のご祝儀(お祝い金)に2万円ってどうなの?

金銭的には辛くて3万円は出せない。

だけど、友人の結婚式には参加して祝ってあげたい。

そんな人も居るのではないでしょうか?

 

そんなときに2万円ってどうかな?って思う人もいると思います。

以下のような記載を見つけました。

昔から割り切れる偶数は割れる(別れる)といって慶事には避けられており、奇数が基本です。

ただし、現在では「2」はペアと考えるようになり、2万円でも気になりません。

1万円と5千円2枚にすると3枚の奇数。このように祝儀袋に入れておくとOKです。

引用元:https://allabout.co.jp/gm/gc/1105/

 

と、いうことで、最近では2万円でも問題ありません。

 

とはいえ、未だに2万円だとワーワー言う人も居ることも事実なので注意しましょう。

 

そもそもご祝儀って必要?

普通に考えると結婚式に出席するならご祝儀包みますよね?

でも、よくよく考えてみるとオカシイと思いませんか?

なぜ、三万円もの大金を払うことが当たり前とされてしまっているのでしょうか?

 

結婚式に参列することの多い20代の人にとって三万円は非常に大きなお金です。

結婚ラッシュが続くものなら月10万円以上飛んでいくこともある人もいます。

ご祝儀が払えないので参加を辞退する人も少なからずいると思います。

 

でもこれってやっぱり変じゃないですか?

 

ご祝儀が払えない人は結婚式参加しちゃいけないのでしょうか?

 

ご祝儀がほしくて参列者を呼んでいるのでしょうか?

 

親しい人と幸せな時間を共有したいのではないでしょうか??

 

自分が結婚する時に返して貰える?

たまに、自分の結婚式のときのご祝儀で返して貰えるからプラマイゼロだよ!という人を見かけるのですが、結婚しなかったら本人は黙って損するしかないのでしょうか?

また、ご祝儀をあげた人は必ず結婚式に来て、ご祝儀を払ってくれるのでしょうか?

 

子育て中だからとか、引っ越ししちゃってとかで来てくれないケースも十分考えられます。

 

特に結婚式にたくさん呼ばれている人は損する確率が高くなりますよね。

 

あとに払う方は多めに返すべき

話はそれますが、あとで返して貰えるということを、お金を貸していることと考えると、あとになればなるほどその金額は多くなくてはいけないんですよ。

 

現在のお金と未来のお金では価値が違うんですから。

 

数年後に結婚式を挙げたご祝儀が同じ3万円だと、先に結婚したほうが明らかに得になってしまうんですよね。

 

 

払うのが厳しい人は気持ちの分だけ包んでくれればいいから。

「払うのが厳しい人は気持ちの分だけ包んでくれればいいから。」

 

そういってくれる心優しい人も中にも居ると思いますが、それはそれで言われた方はつらいですよね。

 

包む方としては満足した金額を包めなくて申し訳ない気持ちと、包めない自分に対しての惨めな思いをする人もいるんじゃないでしょうか。

 

 

ご祝儀は不公平が生じる仕組み

やっぱり、おかしいんですよ。

ご祝儀ってどうやっても不公平が生じる仕組みなんですよね。

 

特にお金のことなのでトラブルにもなりやすいです。

 

あの人は〇〇円しかくれなかったから常識がない、友達の縁切るとか。

正直バカバカしいですね。

 

そもそもこの文化がなければ、こういうことは発生しません。

 

ご祝儀がないと満足な結婚式があげられない?

ぱんだ先輩
ぱんだ先輩
ご祝儀がないと満足な結婚式があげられないよぅ

 

本当にそうでしょうか?

 

ご祝儀がないと満足な結婚式があげられない理由はなんですか?

 

満足な結婚式とはなんですか?

 

ここが結構ポイントだと思っています。

 

結婚式代はご祝儀代前提の価格設定がされている

結婚式は何故あんなにお金がかかるのでしょうか。

 

それはご祝儀代前提の価格設定がされているからです。

 

ご祝儀が貰える前提としてのプランが普通になってしまっているために無駄に高くなってしまうのですね。

 

もし、ご祝儀という文化がなければ、それに見合った金額のプランが相場になっているはずなので、ご祝儀文化の悪影響がここにでているわけですね。

 

オプション料金が高すぎると思いませんか?

結婚式でやりたいことを追加しようとすると、やけに一般の相場よりも高い金額で提示されます。

それなんでそんな高いの?ってオプションが山ほどありますよね。

司会を追加するのに〇〇万円、カメラマン追加するのに〇〇万円、機材を使うのに〇〇万円、ピアノを使うのに〇〇万円言い出したらキリがありません。

完全にボッてますよね?

 

これ、やっぱり変ですよ。

 

業者がマージン取りすぎです。

 

ご祝儀を前提とした結婚式代の設定で、総額が高くなってしまい、オプションの価格が少しくらい高くても、それが当たり前かのような錯覚に陥ってしまうわけですね。

 

引き出物という文化ももう辞めませんか?

hikidemono

引出物という文化ももうなくしていいと思います。

 

正直、いらない

ですよね。

 

帰りにあんな大きな荷物になるものをものすごく喜んでいる人っているのでしょうか?

中身もそれほど嬉しいものが入っているわけでもないですしね。

 

引き出物の相場ですが、5000円程度だそうです。

参考:http://news.ameba.jp/20160827-763/

 

 

引き出物はお渡ししなくてはいけないもの

そんな固定観念はは捨ててしまいましょう。

 

そこをカットすればご祝儀も少なくてすみますよね。

 

どちらにとってもメリットのあるご祝儀20000円、お返しなし

最近、ご祝儀20000円、お返しなし、なんていうやり方も広がってきているみたいですね。

 

これって主催者も出席者もどちらに取っても手間が減ってメリットありますよね。

 

これもっと広がってもいいと思います。

 

会費制のパーティーにしたら?

ぱんだ先輩
ぱんだ先輩
もういっそのこと会費制のパーティーにしたらいいんじゃない?

 

そうですね。

会費制のパーティーは一つの解ですね。

それがスタンダードな地域もあるみたいですね。

 

ただ、出来れば、そもそもその区別を無くしていけたら良いなと思っています。

 

どうしてもご祝儀なしの会費制の結婚式が特殊となってしまっていますよね。

 

その文化をやめませんかというのが、この議題の発端ですので、ご祝儀がなくても結婚式のできる文化が広がっていったら良いなと思います。

 

海外のご祝儀ってどうなんだろう?

そこで海外でのご祝儀事情を少し調べてみました。

http://fam-wedding.com/oubei-goshugi/

 

上記サイトによると

 

欧米で一人3万円もの大金を送るご祝儀の大衆文化はありません!

 

いいですか?

 

3万円もの大金を送るご祝儀の文化はありません!

 

大事なことなので2回いいました。

 

海外で一般の人が友人の結婚式で大金を贈るなんて文化は日本くらいなのものでなんでこんな文化が今でも残っているのか不思議ですね。

 

ご祝儀はブライダル業界のための文化

ふるのーと
ふるのーと
ご祝儀で一番得をしているのは誰?

 

ご祝儀文化がなくなって困るのは誰でしょうか?

 

それは会場側や引き出物の会社などのブライダル業界でしょうね。

 

ご祝儀前提の高めの価格設定にして、利益を確保しているわけです。

 

これで結婚式にかける総額が減ったらそのダメージを受けるのはブライダル業界は大変ですね。

 

でも結婚式は誰のためのものか?

ということを考えたら自然と進むべき方向は見えてくると思うんですけどね。

 

まとめ

ご祝儀は無くして良い文化だと思います。

こんな文化があるのは日本ぐらいです。

 

もちろん、単に結婚式安くすればいいというわけではないです。

 

無駄をなくして、適正価格でしっかりとした結婚式をあげられる、そんな世の中になっていったら良いなと思います。

スポンサーリンク

美味しい食事と音楽に囲まれて毎日笑顔を大切に過ごしています。
ブログもYoutubeものんびりとやっています。(*^^*)

fullnoteをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
オピニオン
スポンサーリンク
fullnoteをフォローする
fullnote/ふるのーと/フルノートのブログ

コメント